風俗求人の読みもの

風俗で働く前に読んで欲しいかなって思ってます

処女をできるだけ高く売る方法を紹介します

処女を高く売りたい女の子にも「処女に価値があると思えないから、高く売れるなら売ってしまいたい。」「お金が必要だからできるだけ高く売りたい」の2パターンがあって、前者と後者では売り方に違いが出てきます。

特に後者はまとまったお金を出来るだけ早く用意したいでしょうから、手間が掛かる方法は避けたいのではないでしょうか?

それも踏まえて紹介していきたいと思います。

高く売る方法

処女をできるだけ高く売るには風俗店に在籍してしまってはいけません。

処女だろうが、若い女の子だろうが、可愛い女の子だろうが、デブスだろうが、風俗店ではみんな同じ値段でお客さんに売られます。

高く売るには風俗嬢とは別の物にならないといけません。

AV女優

「本物の処女喪失」みたいなタイトルでAVに出演すれば多額のギャラが発生するかもしれません。

ただし容姿が良くなければいくら本物の処女でも安い金額になってしまうでしょうし、無修正を勧められてしまうかもしれません。

身バレリスクが非常に高いのもデメリットです。

パパ活(援助交際)

出会い系サイトtwitterなどを使ってパパ活(援助交際)をしている女性はたくさんいて、その中には処女を売っている人もいます。

ただし、ネットで出会える相手と言うのは身元の分からない怪しい人も多く、高値で売るのは危険な場合もあります。

交際クラブ

容姿が優れているならば、交際クラブを利用するのがおススメです。

知り合える男性の年齢層は高くなりますが、その分だけ金払いは良いですし、何より身元がしっかりしているので、変なトラブルに発展することはありません。

処女を高く売る方法としてはこれが一番良いと思います。

もし風俗で働くなら

もし風俗で働くならば、処女を売るのではなく、処女であることを売りにして、素人系のイメクラやヘルスで働きましょう。

風俗慣れした女の子ではなく、初々しい女の子が好きな男性から人気となり、処女のままけっこうな額のお金が稼げると思います。

ただしイメクラやヘルスお場合、本番強要がかなりきつくなりますし、無理やり入れようとする人もいて、処女を奪ってやろうと必死になってくる男性客をひたすら交わすのは大変な仕事だと思います。

安心なのはオナクラ

処女であること売りにして働くのであれば、安全なオナクラが良いと思います。

本番交渉はもちろんあるでしょうが、接客中に裸になることは無いので、強引に何かをされたりすることはありません。

ただし稼げる金額は非常に少なくなり、アルバイトとしては良いですが、短期で大金が必要な人には向かないでしょう。

普通の女の子の処女に価値は無い

「処女を大切にしたい」「好きな人に奪われたい」と言ったこだわりがないのであれば、高く売ろうと考えずに、パパ活などで出会った適当な相手でさっさと捨てて、風俗勤務をした方がお金がたくさん稼げます。

しかも処女を高く売ろうとしたら、高額で買ってくれる相手を探すだけでなく、処女であることを相手に信じてもらわないといけなかったりするので、思った以上に手間が掛かって大変です。

そもそも普通の女の子の処女に高い価値はありません。

好きな人が処女だったら嬉しいですが、ちょっと可愛いくらいの女の子の処女を高額でわざわざ買う人はいません。

相場は一般的な援助交際の1.5~2万円の倍の3~5万円くらいでしょう。

それくらいの金額は風俗に1日出勤すれば稼げますから、どうやって高く売ろうか悩むよりも、さっさと風俗店の面接に行った方が良いと思います。

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・Motto!
https://motto2.com/


どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

-体の悩み