風俗求人の読みもの

風俗で働く前に読んで欲しいかなって思ってます

キャバクラではロングドレスを着ている子が減って、ワンピースで働く女の子が増えています

キャバドレスにも普通の洋服と同じようにトレンドがあって、数年前まで店内で良く見かけたロングドレスやスーツ姿の女の子は姿を消し、ミニドレスナイトワークワンピースを着た女の子だらけになっています。

ナイトワークワンピースもミニスカートのものがほとんどなので、脚を出すのがトレンドとも考えられるでしょう。

ナイトワークワンピースとは?

キャバクラではなくラウンジやミニクラブではドレスではなくワンピースを着て働く女の子はいたのですが、それは綺麗なデザインなだけで夜職用のものではありませんでした。

ナイトワークワンピースはキャバ嬢向けにデザインされたワンピースで、体のラインが出る細身のデザイン&ミニスカートと言う特徴があります。
 

▼ナイトワークワンピース

 
柄だけでなくデザインの種類がドレスに比べて豊富なので、今はワンピースを着ている女の子方が圧倒的に多くなっています。

 

ミニが流行っている理由

ミニスカートが流行っているのには理由はありません。

ミニスカートが流行っていると言いますか、男ウケを気にしなければいけない水商売の場合、脚を露出するのは必須のことで、数年間のロングスカートのドレスの方がおかしかったのです。

ロングドレスがイレギュラー的に流行ってしまったのは、当時キャバ嬢に人気のあった浜崎あゆみさんがミュージックビデオでロングドレスを良く着ていたからと言われていますが、定かではありません。

また、クラブや熟女キャバなどの女の子の年齢層が高いお店になると、脚を出すことよりもゴージャス感を出すことが優先されるので、ロングドレスが主流になります。

 

スーツが廃れた理由

ミニスカートなのにどうしてスーツを着る人が少なくなってしまったのでしょうか?

体のラインも出にくいし、エアコンの効いた店内でも寒くないですし、ドレスに比べてメンテナンスが楽なので女の子からは人気がありました。

しかし、それとは対照的に、男性客からは人気がありませんでした。

脚は見えていますが上半身の露出が少ないですし、カッチリした服装なのでガードが硬そう、隙が無さそうに見えてしまいます。

何より非日常感が無いのが良くありません。

キャバクラは普段の生活を忘れて楽しみに行くところなのに、隣に座った女の子が会社で良く見るスーツ姿だったらガッカリしてしまうでしょう。

 

男性に媚びましょう

普段は自分の好きな服、着たい服を着れば良いですが、キャバ嬢として働く時は男ウケを一番に考えなければいけません。

どんなドレスが流行っているのか、どんなドレスを着たら自分がオシャレに見えるかなどは気にする必要はなく、どんなドレスを着たらお客さんが喜んでくれるのかのみを考えれば良いのです。

過度な露出をしてお店の雰囲気を壊してしまったり、不思議なデザインの服を着て周りの女の子に引かれてしまっても良くありません。

ヘルプを頼んだり、団体客を一緒に接客したりと、キャバクラでは集団行動も重要になります。

 

ドレスの相場は?

お金が欲しいからキャバクラで働こうとしている訳ですから、ドレス代をできるだけ安く済まそうと考えるのは普通で、みんな「最低いくらくらいのドレスを着れば良いのか?」「高いドレスを着ないといけないのか?」と悩んだりしていると思います。

しかし、ドレスの相場は○○円です!と断言することはできません。

いくらくらいのドレスを着れば良いのかは、高級店かどうかなどのお店のランク、店内での人気度、女の子の雰囲気などによって異なります。

ナンバー嬢が安いドレスを着ているのも良くありませんし、不人気嬢が値段の高いドレスを着ているのも滑稽です。

 

消耗品

「安物のドレスを着るのは良くない」と言う意見を聞くこともありますが、私は必要最低限のクォリティーがあれば良いと思っています。

何故ならドレスは消耗品キモいお客さんに触られたりお酒をこぼされて染みになったり煙草の灰が落ちて焦げてしまったりするので、高いドレスを着るのは勿体ないです。

そもそも男性客は女の子が10,000円のドレスを着ているのか、30,000円のドレスを着ているのかは見分けがつかないと思います。

ミニスカートで脚が見えているか、胸の谷間が見えているか、背中側が大きく開いて露出しているかなどくらいしか男性客は興味がありません。

素敵なビジューがついているかよりも、ミニスカートからパンチラしているかどうかばかりが気になる生き物なのです。

 

通販がメイン

ドレスは店に売りに来る業者か、繁華街に1~2軒だけあるドレスショップで購入するしかなかったのですが、今は通販を利用する女の子ばかりになっています。

通販だとサイズが心配と思うかもしれませんが、ドレスのサイズは国内のショップならばSMLと言った表記で、それにほとんど差は無いので、一度自分のサイズを把握してしまえば問題ありません。

通販で気にしなければいけないのはサイズよりも生地の質感で、安すぎる商品を購入すると明かに安っぽい生地で作られたドレスを掴まされてしまうことがあります。

ただし下に上げる様な有名なお店で買えば、値段と品質はある程度比例しているので、5,000円以下のものを購入しなければ酷いものに当たることは無いでしょう。
 

・ロイヤルチーパー
https://www.r-cheaper.com/

・ティアリー
https://tyi.jp/

・デイジーストア
https://dazzystore.com/

・SOBRE(ソブレ)
http://sobre.jp/

 
これらのお店でも5,000円以下のドレスは厳しいですが、長くは着られそうにない流行を追いかけたデザインの物、自分に似合うかどうかわからない普段着ないデザインの物を試す時、新人さんが取り合えず最初に買うもの、激安店勤務の女の子が買うものとしては十分すぎるクオリティーはあると思います。

 

メルカリ

フリマアプリのメルカリでドレスを買うのも有りだと思います。

学生の時だけ働ていて社会人になったら辞めるなど、短期で働く女の子が多い世界なので、いらなくなったドレスは多く出品されています。

新品で購入する場合の半額以下で手に入る場合がほとんどなので、中古品と言うことが気にならない女の子は一度アプリを見てみましょう。

 
買うだけでなく、着なくなったドレスを売るのも良いでしょう。

ただし発送作業はかなり面倒ですし、数千円の利益にしかならないので、店服に寄付したり新人の女の子にあげたりしてお店との関係を良好にする手段として使うのも悪くないと思います。

 

新人

キャバクラの給料は半月払いなので、新人時代はお金も無いでしょうから、5,000円以下の安いドレスでも良いのですが、出勤数がそれほど多く無いのであれば店服を借りてしまっても良いと思います。

特にそれなりのレベルのお店で働く場合は安いドレスを着ていると悪目立ちしてしまうので、有料でも店服をレンタルする様にしましょう。

 

コスプレ店は避けよう

どうしても着たいコスプレがある、コスプレ系のお店の方が自分に合っていて指名が取れると言うのなら良いのですが、ドレスを買うお金が勿体ないからと言う理由でしたら止めましょう。

コスプレ店は基本時給が低い場合が多いですし、衣装のレンタル代を出勤する度に引かれたりします。

それなりのクオリティーのコスプレ衣装を用意するのにはお金が掛かりますので時給を高くは出来ませんし、毎回クリーニングに出さなければいけないのでその費用も掛かります。
(ボーイが自分で洗っていたりしてもクリーニング代は取られる場合がほとんどです)

体入するのだけが目的でしたら楽な職場かもしれませんが、長く働くのであれば自分でドレスを買ってしまった方がお金は貯まるでしょう。

 

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・365日マネー女子宣言
https://365money.jp/


どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

-キャバクラ
-