写メ日記を更新するのが嫌なので、ヘブンネットなどに掲載されていないけど稼げるお店を教えて下さい!

   

風俗店が一番効率よくお客さんを呼ぶ方法が「在籍している女の子に魅力的な写メ日記の更新を頻繁に行ってもらう事」なので、どこのお店もシティヘブンネットやぴゅあらばと言った風俗情報サイトに有料登録しています。

出勤した場合は1日2回以上の更新が必須と言ったルールをいち早く導入したお店は後発ながら風俗激戦区で人気店へと成長したりしました。

関連記事
シティヘブンネットの写メ日記を更新するのって意味ありますか?

女の子に負担がかかる写メ日記

元々ブログやツイッターなどの更新が得意な子ならまだしも、そうでは無い子にとって写メ日記を更新するのは非常に苦痛な作業になると思います。

昼職と掛け持ちしていて出勤日数が少ない女の子ならまだしも、風俗一本で働いていると更新するネタがすぐに無くなってしまうでしょう。

さらにアップする写真や内容などは身バレしない様に注意して選ばないといけないので神経をかなり使います。

お金にならない性欲の対応

写メ日記を更新するのは仕事である以上仕方ないと割り切れていても、お金を払ってもいない男性から性欲の対象として見られてしまうのは許せないと言う女の子も多くいます。

フロントでパネル写真を見られるのは仕事に繋がらる訳だから許せるけど、お店に来る可能性がほとんど無い男性に写真を見られて、お金を貰っていないのに性欲の対象(オナニーのおかず)とされてしまう訳ですから当然です。

写メを見られるだけではなく、コメント(メッセージ)のやり取りが出来る機能もあり、お店に来ないくせに性欲むき出しのキモイお客さんともコミュニケーションを取らなければいけなかったりもします。

お店に来ない人に写真を見られたくないからアップしない、コメントを返すのが面倒だから無視すると言った事をしてしまうと、本来ならばお店に来てくれるお客さんにまで悪印象を与えてしまう可能性があるので、お店に写メ日記のシステムがある以上サボる事はできないのが現状なので、写メ日記を導入していないお店で働きたいと女の子が考えるのは普通の事なのです。

どんなお店で働くべきか?

写メ日記を導入していないけど客入りが良くて稼げるお店もありますが、それはほんの一握りだけです。

店舗型

繁華街にあるファッションヘルスやソープランドは人が多い場所にお店が存在しているという事が宣伝となるので、写メ日記などを更新しなくても多くの人にお店の存在は認知されるので、客入りはそれなりに安定します。

ただし吉原や金津園などの店舗が集中し過ぎているエリアだとお店がただそこにあるだけでは宣伝にならないので、老舗の有名店以外は写メ日記無しでは安定した集客が厳しくなっていると思います。

以前は写メ日記をやっていなかった川崎や大宮などの人気ソープ店でも最近は写メ日記を導入しているくらいです。

高級風俗

高級ソープや高級デリの場合、ネットで安易に情報を出すと安っぽいお店に見えてしまうので、風俗情報サイトに掲載されていても写メ日記を導入していない場合が多いです。

お客さんが高級店に期待するのは、まだ無名なタレントやモデル、CAや受付嬢と言った隠れて働かないといけない訳ありな美人ですから、ネットに情報が公開されるのを期待していません。(実際にはそんな職業の人はほとんどいないですが。)

高齢のお金持ちがメインの客層となりますから、時間をかけてわざわざ写メ日記を見て気に入った女の子を探すなんて言う行動はしないので、需要がそもそも無いと言うのもあります。

激安サービス

ピンサロや手コキメインのオナクラなどはは客単価が低いので、宣伝にお金を掛けるよりも経費を削減した方が利益を残しやすいので、写メ日記を導入していない場合が多いです。

またこれらのお店でお金を掛けずに抜きたいお客さんはネット指名をせずにフリーで入る事がほとんどなので、女の子個人が写メ日記で頑張っても意味が無いと言うのがあります。

激安店とはちょっと違うのですが、大阪の飛田新地を筆頭としたちょんの間(料亭、一発屋、本サロなどを含む)も手軽に本番をしたい人向けのお店なので写メ日記による集客を必要としていません。(そもそもホームページを持つ事が出来ないお店がほとんどですが・・・。)

特殊性癖

デリヘルなどの無店舗型風俗店で写メ日記が無いと致命的ですが、特殊な性癖を持った男性客をターゲットとしたお店、SMなどのフェチプレイを行うお店の場合は問題ありません。

男性客が一生懸命お店を探してgoogleなどで検索するので、広告宣伝をしなくても勝手にやって来るのです。

ただしお客さんの絶対数が少ないので、安定して稼ぐには時間をかけて指名客を増やさないといけません。

関連記事
SM系のお店(SMクラブやM性感)で働くメリットとデメリットをまとめてみました

頑張るしかない・・・

ここまでに紹介したような特殊なお店ではなく、どこにでもある様な普通のお店に在籍した場合、お客さんに着けるかどうかはネットからの集客力がどれだけあるかによって決まります。

つまり写メ日記をやってないようなお店は問題外なんです。

面倒な事をしなければいけないのは嫌かもしれませんが、風俗で働くからには短期間でできるだけたくさんのお金を稼ぐ事、そして出来るだけ早く風俗を上がる事が重要だと思いますので、割り切って頑張るしか無いと思います。

ダラダラ長く続けてしまう方が良く無い結果になる可能性は高いのではないでしょうか?

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・ガルコロ
・Qプリ
・Motto!

どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

 -お店の悩み

qpri1510

  関連記事

シティヘブンネットの写メ日記を更新するのって意味ありますか?

風俗店の中にはシティヘブンネットという風俗情報サイトの写メ日記というブログの更新を強制させるお店もあ

出勤確認の電話って面倒でじゃないですか?どうして前日や当日にしないといけないのですか?

出勤確認と言うのは、出勤予定がある前日や当日にお店に「明日出勤します。」「これから出勤します。」と言

写メ日記の連続投稿はデメリットしかないので止めましょう

写メ日記を更新するとお店やヘブンネットのトップページの新着に表示されるのでアクセスが増えます。 アク

女の子が風俗店をクビになる事ってあるの?辞めさせられちゃう理由って何?

稀にですが風俗店をクビになる女の子はいます。 風俗店にとって働いてくれる女の子というのはとても貴重な

どうせ稼げないから早く辞めた方が良いお店の特徴

風俗の仕事をした時に稼げるか稼げないかは「女の子本人の魅力があるかないか」よりも「お店選びを間違えな

働いても稼ぐのが難しい潰れそうな風俗店の特徴をまとめました

潰れそうなお店、つまりお客さんが少ないお店の特徴を紹介します。 面接に行く前にわかる事、面接中にわか

お茶を引いてしまった時の気持ちを教えて下さい。

風俗の給料システムは完全出来高払いなのでお客さんが来なかったら出勤しても1円も稼げません。この事を業

誰も稼げないお店はあるけど、誰でも稼げるお店は無い

風俗ので働こうと考えている人のほとんどは何らかの理由でたくさんのお金が欲しい人だと思いますので、稼げ

お店から干されるって良く聞きますが、どんな事をされるのでしょうか?

お店から干されるのはあまり良い物ではありません。 効率良く稼げないですし、精神的にも良く無いですから

お店が用意してくれる寮の家賃相場っていくらくらいですか?

風俗店の多くは寮を用意しているお店がほとんどです。 住むところが無い人や、遠方からの出稼ぎの人の為に

qpri1510

  Message

メールアドレスが公開されることはありません。

qpri1510
風俗嬢を見下すキャバ嬢はいても、キャバ嬢に嫉妬する風俗嬢はいない

「私たちは風俗嬢みたいに身体を売っていない」「風俗嬢はブサイクだからキャバクラで働けない」と言った感

どうしてソープで働く時にはドレスを着なければいけないのでしょう?

ある程度のランク以上(一部の大衆店以上)のソープランドで働く時はドレスの着用が必須になっているのです

黒ギャルが風俗で稼ぐために面接で行くべきお店は○○です。

ギャル系の女の子の人数は数年前のピークに比べるとかなり減りましたが、黒ギャルの人数は何故か最近増加し

風俗嬢は働いているお店からどれくらい離れた所に住むのが通勤時間の負担やストーカーのリスクを考えた時にバランスが良いのか

風俗で働いてる女の子が、お金が貯まったらまず最初にしたいのが一人暮らしだと思います。 地方から東京に

地方の風俗店で働いている女の子が東京へいきなり上京する方法

現在地方に住んでいる女の子の中には東京へ引っ越し、つまり上京したいと考えている人は多いと思います。