風俗求人の読みもの

風俗で働く前に読んで欲しいかなって思ってます

在日韓国人・朝鮮人はソープランドなどの風俗店で働く事ができるのか?

法務省が発表した「平成26年末現在における在留外国人数について(確定値)」という資料を見ると、現在日本には約36万人の特別永住者がいる事がわかります。

第二次世界大戦が終わる前から住んでいる外国人には特別に永住権が認められ、それを保有するものを特別永住者と言い、この権利は簡単な手続きを済ませればその子孫も保有する事ができます。

特別永住者の99%が韓国籍と朝鮮籍の人になっていますので、在日韓国人・朝鮮人が現在の日本に約36万人いる事がわかります。

この在日韓国人・朝鮮人が風俗店の面接に行ったらどうなるのでしょうか?
日本人と同じように採用され働く事ができるのでしょうか?

・平成26年末現在における在留外国人数について(確定値)
http://www.moj.go.jp/nyuukokukanri/kouhou/nyuukokukanri04_00050.html

法律的には問題無し

「日本国籍を持っていない外国人はソープやデリヘルなどの風俗店で働く事はできないのですか?」でも書いたのですが、風営法上では特別永住者である在日韓国人・朝鮮人がソープランドなどの風俗店で勤務する事は可能となっています。

ただし面接時に特別永住者証明書の提示が必要になります。
日本人の女の子が面接時に本籍地の記載された住民票を提出するのと同じで、お店側にはこれを確認し保管する義務があります。

・風俗営業等の規制及び業務の適正化等に関する法律(風営法)
http://law.e-gov.go.jp/htmldata/S23/S23HO122.html

※追記
日本国籍を持つものを風俗店が採用する場合は「本籍地入り住民票」の提出が必要で、外国籍の人であれば「外国人登録証」の提出が必要となります。
特別永住者証明書には外国人登録証の役割もあるので、これを提出すれば採用が可能となるのです。

お店の判断

私は特別永住者(韓国籍)で日本の学校にも通っていました。
ソープは未経験ですがヘルスは経験ありで特別永住者(韓国籍)でも勤務可能でした。
吉原では電話で問い合わせしたところ、浅草警察がOKを出していないとの事で断られました。
各地域の警察の指導で採用・不採用ってあるんでしょうか?

特別永住者(韓国籍)でもソープ勤務したい・http://www.lovebonita.jp/lesson/contribute_post_form.php?no=266777

法律的には問題無くても、お店側が採用を断る事もある様です。

特別永住者と外国人の区別がついていない人が採用担当者になっていたり、日本国籍者以外を雇うのが面倒と考えて対応するのを最初から放棄しているお店が存在するのが面接を断れてしまう理由だと思います。

「浅草警察がOKを出していない」というのはもしかしたら「浅草警察が外国人の雇用に対してOKを出していない」と言う意味で、問い合わせに対応した店員さんがまさに特別永住者と外国人の違いについて理解していない人だったのかもしれません。

お店の中には求人の応募資格の欄に「日本国籍を有する女性であること。」と明記している場合さえあります。
在日韓国人・朝鮮人の場合だと本人が言わなければお客さんはまったく気づかない訳ですから、国籍にこだわる必要は無いと思うのですが、経営戦略上いろいろあるのでしょう。

いろいろなお店に問い合わせするのが面倒と思う人はスカウトサイトに登録してみてはどうでしょうか?
プロフィール欄に「在日韓国人・朝鮮人ですが働けるお店を探しています。」と記載しておけば採用可能なお店からのみスカウトメールが届く事になるでしょう。

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・高収入求人ミミロケ
・Qプリ保証
・Motto!

どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

-面接