風俗求人の読みもの

風俗で働く前に読んで欲しいかなって思ってます

すすきのの箱ヘルスが以前に比べて全然稼げなくなってるらしい

2017/06/05

すすきのの風俗と言えば箱ヘルスが今まで一番賑わって来ました。
でも、それに陰りがあります。
ここ最近で閉店するお店が増えたのです。

どうしてすすきのの箱ヘルスは勢いを失ってしまったのでしょうか?

稼げなくなった理由とは?

すすきのの箱へルで働く嬢が稼げなくなってしまったのには次の様な理由があります。

★メリットが無くなった
昔のすすきのの箱ヘルスは本州の人から見たら安い料金で可愛い女性と遊べるという事で人気でした。
仕事で出張に行けば必ず遊んで帰る、風俗遊びを目的にした観光客が来るなど人気あったのです。

最近は東京流と言うかどこにでもあるお店と同じシステムになっているお店が多いので、すすきのまで来て遊ぶメリットが無くなっているのです。
同じサービスを受けるなら地元の風俗で充分ですからね。

★ソフトサービス店が増えすぎ
学園系やメイド系などソフトサービスのお店が増えすぎてお客さんが満足できなくなったというのがあります。
素人売りは確かに人気なのですが、それが過度に進み過ぎた感があります。
ゴムフェラ、キス無しの嬢も普通にいますからね。

きちんとしたサービスを受けるには人妻店に行かなければいけなくなり、若い子と風俗遊びができるというメリットが無くなっているのです。

★若い男性が不景気すぎる
日本全体で見たら景気は上向きですが、風俗遊びをする若い世代の収入はかなり下がっています。
高齢者はお金持ちが多いですが、その人達は風俗に来ないですからね。

そんな中、消費税増税で風俗料金の値上げもあったのですからお客さんが減って当然です。
電気代の値上げなどでお店も苦しいのはわかるんですけどね…。

★若い女性も不景気すぎる
若い男性が不景気なのと同様に若い女性も不景気に苦しんでいます。
そうなると風俗で働く人は増えていきます。
風俗嬢の数が増えれば1人当たりの稼げる額が減ってしまうのは当然です。

北海道に住む女性のうち4人に1人はニュークラブや風俗などで水商売経験があると言われています。
これは凄い割合ですよね。

★ソープと料金が変わらない
本番ができるソープと本番ができないヘルス。
ヘルスの値上げにより似たような料金になってきたので客さんはみんなソープに行ってしまいます。
ヘルスに行かずにソープに行く出張客や観光客の割合が増えているそうです。

すすきので稼ぐならソープ

すすきので稼ぐならソープです。
数をこなして稼ぐタイプのお店(コンビニソープ)ばかりなので体力が無いと厳しいですが。

北海道に残らなければいけない理由が無いのであれば出稼ぎをおススメします。
関東など他のエリアから出稼ぎに行く人は「バックの安い北海道だけでは働かない」と言っているくらいです。

北海道で働くのは自分の安売りになってしまうので勿体ないですよ。

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・Motto!
https://motto2.com/


どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

-ヘルス