風俗求人の読みもの

風俗で働く前に読んで欲しいかなって思ってます

面接にいくお店の営業用(お客さん向け)ホームページは必ず見る様にしましょう。

2016/11/21

求人サイトなどで新しく働く風俗店を探している時に絶対にやって欲しい事があります。
それは営業用のホームページを確認する事です。

求人ページには働く女の子にとって良い事しか書いていません。
ソフトサービスで毎日大金が稼げちゃいます!みたいな事がどこのお店のホームページにも載っていると思います。

ソフトサービスと言うのはとても抽象的な言葉です。
都合よく使っている場合も多いです。

例えばこんな考え方をしているお店があるかもしれません。

・本番がハードサービスで、本番が無ければ即尺があろうとアナル舐めがあろうとソフトサービス
・本番があってもS着ならソフトサービス、NSだったらハードサービス

あなたにとってはハードサービスでもお店の定義ではソフトサービスなんて事があってもおかしくないです。
なので営業用ホームページを見て基本サービスを確認して欲しいのです。

ただしS着かNSかを明記しているソープは少ないので、以前に書いた「NSしなければいけない吉原のソープを教えて下さい」を参考にして下さい。
吉原だけで無く、全国のNSサービスが必要なソープを記載しています。

基本サービスの内容だけでなく、お店のホームページの雰囲気を見る事も大切です。
デザインがシンプルなのか、可愛い感じなのか、それとも痴女的なのか。

基本プレイに書いてなくてもそのデザインを元にお客さんはどんな事ができるのか想像しながらやって来ます。
ハードサービスが嫌でしたら痴女的なデザインのお店では働かない方が良いでしょう。
シンプル過ぎる場合は逆にお客さんが来なくて暇なんて場合もあるから気をつけないといけませんが…。

それから営業用ホームページではお客さんが支払う料金も確認して下さい。
これが高すぎる場合はハードサービスを要求されるのか、採用基準が高いのかのどちらかです。
本番代が含まれていたり、オプション(AFなどハードなもの)の料金が無料だから基本料金が高いお店もあります。

求人ページに給料(バック)が書かれている場合はなおさらお客さんの支払う金額がいくらなのかチェックした方が良いでしょう。
「60分で15000円のバックです」って求人に書いてあるのに、営業用ホームページを見たら60分の料金が16000円と給料とほとんど変わらない金額だったり。

16000円の料金のお店が15000円も給料が貰えるわけないですよね?
スライド制なのか、指名バックやオプションバックを含めた額なのかわかりませんが、こうやって騙すお店で良いお店はほとんどありません。

給料が料金の6割前後でなければ働く女の子を騙す気満々のお店と考えて良いでしょう。
普通に募集をしたら女の子が集まらない事をわかってやっている訳ですからね。

それから営業用のホームページがきちんと更新されているかも見て下さい。
出勤情報やキャンペーン・イベント情報など。
もし更新されていなければミラー求人かもしれません。
ミラー求人については「求人広告は凄い出しているけど、営業広告は全然見ない風俗店にきをつけて!」を参考にして下さい。

以上の事を踏まえて、新しいお店に面接に行く時は必ず求人ページだけでなく、営業用のホームページもチェックするようにしましょう。

効率よく稼ぐ方法

風俗でたくさんのお金を稼ぐには高いバック(給料)を貰う事が大切です。
それを貰う方法として手軽でおススメなのがスカウトサイトの利用です。

無料でできるスカウト登録しておくとあなたに働いて欲しいと思っているお店からスカウトメールが届きます。
働いて欲しいと思っている訳ですから、自分で面接に応募するよりも高い給料で働く事が可能になります。
給料以外にも高額の日給保証入店祝い金などがあなただけ特別にもらえたり…。

有名なスカウトサイトは次の3つです。

・Qプリ
https://q-pri.com/

・ぴゅあじょ
https://work.purelovers.com/

・Motto!
https://motto2.com/


どれか気になるサイトに登録してみて下さい。

特別なオファーを貰うコツとしてはプロフィールをしっかり書く事と写メを登録する事です。
写メを登録しておけば写メ面接の代わりにもなるので便利です。

また、3つすべてのサイトに登録するのも良いと思います。
多くのお店にアピールした方が特別なオファーは届きやすくなりますからね。

-面接